基本情報技術者試験、受かる気がしない

Amazonから「キタミ式イラストIT塾 基本情報技術者 平成29年度」が届いた。

まず思ってたより本が分厚い!! 4~5cmはある!! え? こんなに勉強しなきゃダメなんですか??

しかもどうやらこの本1冊やれば良いってことじゃなくて、さらにアルゴリズムとかの勉強もしないとダメらしい。(それはこの本がどうこうじゃなくて、そもそもどの本も大体そういう構成になっているらしいですけど)。

千里の道も一歩からと、早速パラパラとめくって見たけど、何言ってるのかまったくわからない!ノリと勢いとテンションで申し込んでしまったことを、完全に後悔しています。これ間に合うのかしら。非開発者はどのくらいかけて勉強するんでしょう。

あー、これ完全にあかんやつや。。。チャプター20の内3の途中まで読んだところで脳みそから煙出てきたので、初日は強制終了。

今日読んだのはこの辺(↓)。

1.n進数の扱いに慣れる

2進数、8進数、10進数、16進数ってそれぞれどういうものか、 n進数のnの部分を基数というらしいこと、 基数変換の方法(例えば2進数を16進数にするとか)

2.2進数の計算と数値表現

足し算 引き算、補数 シフト演算、かけ算、割り算 小数点の表し方

3.コンピュータの回路を知る(途中)

論理演算と論理回路(AND,OR,NOT) 基本回路を組み合わせた論理回路(NAND,NOR,XOR)

えー、全然頭に入って来ません!! ちんぷんかんぷんです!! てかこんな内容知ってなんか意味あるの? 俺別にOS開発する訳じゃないし、というこれじゃない感が否めません。

いや、本自体はとても分かりやすいと思うんです。まったく予備知識もないのに、一読するだけで言ってること自体は分かりますし。でも、チャプターの最後についてる演習問題が全然わからない泣。なんなら問題の意味さえ分かっているかどうか怪しいです。。。

この状態から2ヶ月で本当に合格なんて可能なんでしょうか? 過去問を解きながら、丁寧に頭に入れていかないとダメなやつですよね。資格が欲しいわけじゃないんだけどなー。

でも、がんばるぜ。だってもう…(以下略)。